人それぞれだと思いますが
私にとって、人生最大のお買い物は、”マイ ホーム”です。

23歳ごろにイギリスに行ってから
かれこれ、何度も引越しをしています。
もちろん、最初のうちは、アパートのルームシェア。

短くて数週間。
ホームステイもあったし
外国人がゼロ、、、ってくらいの、ローカルな場所もあった。
ロンドンは刺激的で、よく歩いていろいろ回ったな。
ルームメイトと料理をシェアしたり、おしゃべりしたり
でも一人暮らしがしたかった事もあったり。

結婚するまで、思えばいろいろなおうちに滞在したものです。

FBでは、時々、私達のおうち探しの写真をアップしたりもしたのですが
いよいよ!引越し先が決まりました。
私達の予算と希望と、いろいろ突き合わせてみて
ようやく納得できる物件に出会えたんです。

引越しをする前に、台所をリフォームしたり、ちっちゃなオフィスを作ったりと
作業があるので、実際に引越しをするのはまだ先ですが
わくわくドキドキです。

”20年たって、60歳になっても素敵な家を作ろう”

って、旦那と話ながら、いろいろリフォーム&インテリアの計画中です。
結婚当初は、旦那が学生だったし、スペインに引っ越してきたときは、旦那が失業中だったし!
もろもろの理由から、今までは
”素敵なおうち”よりか、必要なものを買い揃えて、、、、という
どちらかといえば、持っているもので間に合わせて、、、という感じでした。

今は、少し経済的な余裕も出てきたし
何よりも、自分たちの中で、こんな家、あんな家、、、にしたいという、夢がいろいろあります。
娘の12歳の誕生日でも、少し書いたのですが
いずれ子供は家を出て行くことになると思います。
その時まで、一緒にしたい事を、少しでも実現したくて、、、。
今回のこのお家は、そんな私たち夫婦の想いも詰まったお家になると思います。

実は、私、、、、海が苦手なんですが、生まれも育ちも海の近く。
当たり前に近くにあった海。
イギリスで働き始めて、3年ほど海から離れた生活をしましたが
それ以外は、ずっと海の近く。
スコットランドの時だって、寒い北海が見える小さなアパートに住んでいました。

でも、今回のお家は、海から歩いて30秒の距離。
生まれてから40数年、、、、、、こんな至近距離は始めてです!
海に対して、特にこだわりはないのですが、ここコスタデルソルに引っ越してきて
一回くらい海の近くに住んでもいいかなぁ〜と、思ってもいました。
海の事、もっと好きになりたいなぁ〜という、そんな淡い期待もあります。
いつまでも遠ざけていては、好きになれそうもないので
近くに住んでみて、好きになろうと思います。

という事で、来年早々、引越しを目標にリフォーム、インテリア選び、、、、
楽しのような怖いような、、、、、笑。
今は、家族で、こんな家がいい、家具がいい、色がいい、、、、って
たくさん話して、夢を語って、楽しい毎日ですが
実際に工事が始まったら、ストレスマックスになりそうです、、、、。

素敵なお家ができたら、新しいコスタデルソルでの生活もアップデートしますね。





**************************************

FBで、新居からの景色をアップしております。
会員登録されていない方でももちろん閲覧可能です。
お時間ございましたら、お気軽にこちらへ遊びに来てくださいね。 
お友達申請、フォローなど、お待ちしております。

****************************************
スポンサーサイト
2015.11.22 Sun l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
FBには、写真だけアップしたのですが
先日、友人家族と一緒に、山中にあるオリーブ工場併設の民家を借りて
週末を過ごしました。

IMG_6302.jpg
右側の白くボヤっと見える村が目的地。
この辺りは、観光地としても有名なロンダの近くは、白い村が多く点在しています。


私の住む、コスタデルソルの町から車で1時間弱。
地図で言えば、北方面に走った所にある、小さな村の近くにある
山の中の家。

その民家は、山に囲まれていて、栗の木、オレンジ、レモン、イチジクや
もちろんたくさんのオリーブの木に囲まれている、、、そんな民家です。
IMG_6330.jpg
家と山二個分ぐらいの庭付きで、(4ベッドルーム)で、一泊140ユーロ(約2万円)
金曜日から日曜日までの2泊3日で一家族 約2万円は、お得ですよね。

友達のご主人が、お料理好きの人で、金曜日の夜から日曜日までの買い物をしてくれて
お料理も全て担当!
息子たちは、走り回って、サッカーしたり、栗を蹴ったりして
娘は、 i movieを撮りながら、民家の周りを探検したり、山歩きしたり、
私たちは、ひたすら、食べて、話して、、、の週末でした。
本当は、キノコ狩り、栗拾いを中心にしたかったのですが、あいにくの天候で
山歩きはあまりできず、、、、。

IMG_6332.jpg
家の裏にある大きな栗の樹の下に、たくさんのイガグリ!
1年ぶりの再会です。

それでも、自分たちで食べるだけの栗は、しっかり拾って、居間ににある暖炉で
拾った栗を煎って頂きました。

IMG_6296.jpg
薪も山から拾ってきて、暖炉を準備しました。
海沿いのコスタデルソルは、夜でも暖房は必要ないのですが
山は寒い!夕方からずっと、暖炉が活躍。


季節の風物詩。
娘が小さい頃から続いている、この時期の行事。
1年振りの栗、甘くて美味しかったです。

BBQを準備しながら、ワインを片手に、地元のチーズ&パンをつまみながら
ついでにデザートの準備。

ザクロです。
IMG_6338.jpg
この色が!鮮やかで綺麗。
ビタミン豊富で、美容にもとっても良いんだそうです。


ザクロの味は好きなんです。
義両親宅にも、たくさんのザクロの木があって、毎年、この時期になると
大きなザクロがたくさん取れます。

でもザクロって、ちょっと面倒。
分厚い皮をナイフでさっと取り除いて
ルビーのような綺麗な小さな実がついた房を取り除く
実はとっても小さくて、小さな種もあるし、、、。
ザクロのシミは、絶対に取れない!
それに指も黒くなる、、、、

と、小さなことなのですが、地面に落ちるほどたくさんなる、義宅のザクロは
普段はあまり食べることのない、そんな果物です。

でも、その週末は、たくさんザクロを食べました。
それに、とっても美味しく感じたから不思議。

友人曰く
”私も、普段はザクロって食べないけれど 
 こうやって、テレビもなく、PCもない場所にいると
 自然と、この大きなテーブルに人が集まってきて
 話しながら、ザクロを準備したり、栗やオリーブを仕分けしたり、、、
 手作業が億劫にならないよね。”

そうそう、そうなんです。
わざわざ、ザクロの皮をむくのに、シミを気にしながらするのも面倒だし
ちいさな粒の房を取るのも厄介。
でも、こうやって中庭に大きなテーブルがあると、話しながら、ワインを飲みながらも
自然と手が動いて、いろんな準備をしています。

IMG_3975.jpg
部屋からの眺め。
何にもない!
レモンの木と、遠く見えるオリーブの木、、、だけ!


そして、大人数で賑やかなランチの後、
みんなで食べるザクロは、本当に美味しい。
爽やかな酸味が、口直しにピッタリです。

ちなみにザクロは、スペイン語で

GRANADA
グラナダ

そう、あのアルハンブラ宮殿で有名な アンダルシアの都市 グラナダと
同音です。
雨の続くこの時期は、ザクロと栗の季節。
もう少し天気が落ち着く頃になると、キノコが出てきて
その後、太陽が出てくると、自然のアスパラガスが出てきます。
山歩きの好きな、私達の大好きな季節が始まっています。
IMG_0063.jpg
ちなみに、オリーブも今が収穫の季節。

毎日、家族に、仕事に、趣味に、、、、と、忙しいのも有難いけれど
友達と、家族と、ゆっくりザクロを準備しながら
たわいもない、なんでもない会話を楽しめるって
本当に贅沢な時間。

時間の流れが一瞬止まった、、、、、そんな週末でした。

と、気がつけは11月。
2015年もラストスパートとなりました。
早く走りすぎちゃって、駆け抜けちゃうのも寂しいので
こんな友人との時間を大切にしながら、2015年を楽しもうと思います。




**************************************

FBで、コスタデルソルの夕方、マラガの様子、、、などアップしております。
会員登録されていない方でももちろん閲覧可能です。
お時間ございましたら、お気軽にこちらへ遊びに来てくださいね。 
お友達申請、フォローなど、お待ちしております。

****************************************
2015.11.10 Tue l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
今月のイベント、息子の4歳の誕生日。

産気付いてから、物凄く進みが早くて
廊下で生まれそうになった、、、、なんて笑い話も
もう4年前の話です。

病院に入院中の3日だけ、バイマをお休みして
4日目からは、買付や発送をしていたのも
今となっては、遠ーい思い出。
あの時は、まだまだ若かったです(笑)。

今日は、子供たちの誕生日事情をご紹介しようと思います。

誕生日、、、って言えば、一年の中でたった1日。
だけど、何度もパーティーがあるのは、正直大変、、、、、。

まず。
学校にケーキを持って行って
(親が朝、子供を送り届ける際に、先生に手渡し)
クラスの最中に、みんなでお祝いしてもらいます。
誕生日ボーイは、金色のキラキラ王冠を頭に1日付けていられるんだそうです。

まだ小さいし、クリームのケーキでは大変、、、との先生のアドバイスが
あったので、今年は、カップケーキにしました。

当日、、、、、いつもはお姉ちゃんと一緒に登園するんですが
その日は、私がついて行きました。
息子は、大声で ”its my Birthday!”
と叫びながら、教室に入って
自分のバッグを投げて!、
そのまま友達がいる中庭に走って行ってしまった、、、、。

私、、、唖然、、、。

男の子パワー、恐るべしです。
静かな娘に慣れている私には、
毎日が驚きの連続、、、、笑。

当日は、王冠をかぶって1日過ごすので
いろんな人から、先生から、スタッフから
”お誕生日おめでとう!”って、声をかけてもらったんだそうです。
とっても素敵な1日を過ごしたようで、何より。

そして、もう一つは、本当のパーティー。
公園に併設されているカフェや、屋内の遊び場を予約して
お友達を誘います。
4歳じゃ、まだまだ小さいので、子供+親。
なので、相当な人数、、、、、。

時間帯もバラバラで、スペイン人のパーティーだと
普通に夜の8時まで、、とか、あります。
4歳時のパーティーで、8時まで、、、って
いつもなら、もうベットで寝ている時間なんだけど、、、、、汗。

しかも8時まで、、、とありながら、延々と続くパーティー。
2時間で終わることはまずないですね、、、。
私は、だいたい3時間くらいでお暇するんですが
その後、延々と親同士の会話が続くこと、、、よくあります。

我が家では、今年は、(今年も!)お友達とのパーティーは無しにして
家族でのパーティーにしました。
義両親宅で、従兄弟や叔父叔母、、、と一緒に
パーティー。
スペインでは、よくある風景です。

もう少し大きくなって、友達とパーティーをしたい、、と言われたら
もう一つのパーティーを企画する事にします。

今年は、ロウソクもしっかり吹き消したし
ケーキも完食したし
自分の誕生日だという(自分のパーティーだという)自覚が
あったようで、とても嬉しそうに過ごしていました。

ちなみに、誕生日プレゼントは、学校用のファイルでした。
我が家では、誕生日プレゼントは、どちらかというと実用的なものが多いです。
学校用ファイルも、お姉ちゃんのお古が、ちょうど壊れてしまったので
そのかわりに、購入したもの。
おばあちゃんからは、セーターとお金(これは、冬用の制服購入代)
おばちゃん、おじちゃんからは、粘土や小さい車など。

プレゼントのメインは、クリスマスになります。

10月もそろそろ終わり、、、、。
今日は、もう一つのイベント ハロウィーンがありました。
生徒と先生と、みんなで仮装して登校したんだそうです。
先生たちの仮装も、結構、本格的で!

息子はコウモリ。
娘は、お友達スタイリングのゴシック系ドレスで登校しました。

ハロウィーンの仮装をした先生と生徒と、、、、半日は、フツーに授業をしたそうです。
ちょっと不思議な光景ですよね〜。

という事で、イベント続きだった10月も終わり
いよいよ、一年で一番イベントが多い、クリスマス週間まで2か月となりました。
2015年もあと2か月なんですね!
冬時間が始まって、日が暮れるのも早く、ヒヤッとする日が増えました。
体調くづさないよう、皆様、どうぞお気をつけくださいね。

2015.10.30 Fri l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
時々、このブログで子供達の成長を記録しているのですが
なぜか、娘の話題が多いですね、、、。

やっぱり上の子は、なんでも初めての事が多く
私も、びっくりする事、学ぶ事、辛い事、、、と
いろいろな感情があるのだと思います。

その点、今月4歳になる下の息子は、
ある意味、手のかからない(夜のオムツが取れなくても、その内取れるでしょ、、、とか 笑)
事が多く、気が付いたら、もう4歳!という、そういう呑気な部分もあります。

なので、今日は、普段は語らない(笑)息子について
書いてみようと思います。

先日、実家の両親と電話で話していたら
”この前ね、テレビでマドリッドに住んでられる日本人の方を見たのよ。
 ⚪︎⚪︎(うちの息子)と同じくらいの男の子がでてきてね、
 、、、、なんていうか、話し方がそっくりなのよ〜。”
って、私の母が言っていました。

普段の生活の中で、息子が日本語を話すのは、母親の私と姉の娘とだけ。
テレビも、どらえもんやアンパンマン、お母さんと一緒などの教育テレビ中心なので
言葉に濁りが少ないんです。

これは、娘も一緒でした。

妙に、大人みたいな言葉で話す、4歳児。

”僕はね、今、お腹が空いているから、何か食べたいなぁって、思っているんだ。”
”今日は、これからママと公園に行きたいんだよ。でもね、おやつを食べてからにしよう。”
”眠くて、眠くて、、、、、もう何もできないから、寝ようっと。”

お話の中の書き言葉のような
大人びた子供のような
でもまだ4歳にもならないあどけない子の、、、、こんな日本語。

きっと、テレビに出ていたマドリッドの男の子とも
うちの息子と似たような環境で育っているんだろうなぁ、、と、想像します。

忙しい毎日の中で、息子と向き合う時間って本当に少ないけれど
とても優しい息子は、義母曰く、みんなに愛されるべく産まれてきた子。
まさにその通り、数回の流産の後に授かった息子は、私たちにとっては
本当にミラクル、神様からの授かりもの。

”大きくなったらお姉ちゃんと一緒に、剣道するの?”
との母親の問いに
”僕ね、ああいう音のうるさいのは好きじゃないんだ。”
と、淡々と答える息子。
”怖いの?”
”うん、音が大きいの、怖いんだ。”

今、学校では、本を読みながら、単語を読む練習をしています。
去年は、アルファベットごとに習っていたのですが
今年からは、単語として読む練習。

最初は、Sを入れて 簡単な単語から
 Sam sit sip sat,,,  
すこしづつローマ字を増やしていきます。

これが、、、、集中力が続かないんですね、まだまだ。
1ページ 1センテンスで
3ページ進むか進まないか、、、の亀の子ペースです。
なので、まだまだ長い読みの道のり、、、、

そういえば、、、、、
息子の学校では、中国語が必須で、1週間に2コマ(計1時間)、中国語のクラスがあります。
どうせ、遊んでばっかりで、中国語なんてわからないよ〜なんて
思っていたら、、、、、。
”◀︎✖︎▪️⚪️?>_!”
なんだか、私の目を見ながら、ニヤニヤして話しかけます。
発音の感じからして、明らかに中国語!
一体、何を習っているんだろう???
指をさしたり、一生懸命、自分の手で形を作りながら
なんだか中国語らしい言葉を言っています、、、笑。

子供の可能性って、本当に無限なんですね。

この中国語って、息子の学校だけではなく、もうひとつマラガの学校で
中国語が必須の学校があります。
最近の、経済的な中国の影響力を背景に
ちょっと中国語ブームなのかな、、、とも思います。

(ちなみに、10歳くらいからは、フランス語が必須で
 中国語は、それ以後は勉強しません)

ということで、日本語、スペイン語、英語、+中国語!の
息子の4ヶ国語生活。
学校の友達も、まさにインターナショナルで、毎日、いろんな言葉がゆきかって
楽しそう。4歳児にとっては、違う言葉を話しても、一緒に笑って、飛び跳ねて
走って、楽しい時間が過ごせれば、それでOK!
朝起きるのが苦手だけど、友達と、家族と、たくさん遊んで、寝て、食べて、本読んで
そうやって幼稚園時代を過ごしたら、どんな子供に成長するのかな?って
とても楽しみです。
2015.10.04 Sun l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
娘の誕生日がありました。

毎年、9月から新学期が始まるスペイン。
この時期は、
 学校始まり
 娘の誕生日
 (私の誕生日、、、、は、ほぼ疲れきっていて、何もせず、、、)
 息子の誕生日
と、夏休みの”のんびりモード”から、一気に忙しいお母さんモードにシフトチェンジ。

この位、激しいギアチェンジをしなければ、長過ぎる夏休みのダラダラからは
目が覚めないのかも、、、、なんて、さえ感じてマス。

12歳って、、、、、、日本だったら、中学生への変化の年。

スペインでも、同じです。
同級生は、この9月から 4年間の Instituto-インスティチュートへ上がります。
幼稚園、小学校と9年間、同じ校舎で、同じクラスメートで過ごした子供たちには
ものすごい変化。

(4年間の義務教育 インスティチュートの後は、
 2年間のBachillelato-バチジェラトがあり、大学へと進みます)

スペインでは、小学校でも落第はあるし、中学の部活動みたいなものもないし
特に大きな変化はないのですが、、、、。
(小学校が、9時~2時だけど、中学になると8時15分から3時まで、、、くらいかな)

あとは、子供の送り迎え。
私の近所では、小学校終了までは、親が学校、放課後の習い事へ送り迎えするケースがほとんど。
娘も、学校、そして放課後のピアノと剣道の送り迎えは必須でした。
(これが結構、大変なのです~!!)

インスティチュートからは、子供だけで歩く姿が目立ちます。
娘も、今年からは、ピアノ教室には一人で通ってもらう予定。
ちょっと、楽になるかな~。

誕生日パーティーは、(義両親が留守中に、お家を借りて)お庭にテントを張って、
仲良しの女の子達とテントナイト♪
 夜の8時ごろまでプールで遊んで
 その後、ディナーにBBQ
 11時頃にバースデーケーキ
 その後は、、、何時まで続いたのか、テントでおしゃべり、、、、

この季節の典型的なパーティーの流れ。
日本では、夜の11時に子供のバースデーをお祝いするなんて、、、
”不謹慎”ですよね~(笑)。

よく考えたら、大学生になるまで、あと6年!
あと6回 誕生日をお祝いする頃には、別の土地で一人暮らしをはじめるのかなぁ~と漠然と思ったら
子供と過ごせる時間って、本当に短くて、貴重な瞬間なんだなぁ、、、ってしみじみ。

思春期の一面を見せながらも、まだまだ素直で可愛い12歳。
この1年、笑顔あふれる一年なるといいな~と、応援したいと思います。
2015.09.15 Tue l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲