このテーマ、、、、、私が結構好きなので、良く取り上げるのですが
長女ももう10歳になり、しっかり3ヶ国語の土台ができてきました。

今はイギリスの学校に行っているので、英語が主流になっていますが
夏まで通っていたスペインの学校では、スペイン式にひたすら教科書を暗記&テストだったので、もちろん読み書きバッチリです。
一番弱いのは、日本語。今、4年生の漢字を勉強中ですが、なかなか定着していきません。でもお手紙を書いたりする時は、しっかり漢字もいれて書くし、今はすっかり日本の歴史にはまっていてるしで、気長にやっていこうと思います。

そして長女の誕生から8年経ってやってきた息子ももう2歳。
始めこそ、言葉がなかなか出てこなかった息子ですが、今では家族一番のおしゃべり。それで、何語で話しているかって言うと、やっぱりお父さんとはスペイン語、お姉ちゃんとお母さんとは日本語で、キチンと話し分けています。学校の話を聞くと、先生とはキチンと英語で受け答えするそうです。歌の時間が大好きで、英語の歌も元気良く歌うそうです。そんな息子を一度見てみたい☆とは思うのですが、(私は)息子の前では、徹底して日本語で話します。

バイリンガルやトリリンガルの本は、色々と出ていて、皆さんそれぞれの理論があって、きっとどれも一理あるのだと思います。だから自分にあった方法を見つけて、それをしっかりと実行に移すことが大切だと思います。私がいつも実行しているのは

場所、場面で言葉を決める

という事です。
例えば、私は息子とは日本語で話すと決めているので、英語でわかっていても、わざとわからないふりをする。でも学校という場面、場所では、先生方や友達もいるので、英語で話す。おじいちゃんのお家では、みんながスペイン語なのでスペイン語を話す。という感じです。
自宅で私といる時は、聞くラジオも日本語。もしテレビを見るなら日本語。本を読むなら日本語。
もちろん、私達はスペインにいるので、家の中はスペイン語で溢れています。でも意識的にスペイン語を排除して、日本語環境を作ることで、息子の言語環境を(たとえ1日30分でも)完全に日本語にしてしまうのです。(ちなみに、家にはスペイン語の本も沢山ありますが、息子に本読みをする時は、私はスペイン語の本は絶対に読み聞かせしません。日本語のみです)

そうやって、生まれたときから意識して生活をしています
私が読んだ本では、
”子供は、その人と言葉を結び付ける。場所と、言葉を結び付けて、覚えていく”
んだそうです。
だから、キチンと3ヶ国語を分けて話す息子の頭の中は
”おかあさんは、ありがとうって言う。”
”お父さんは”、Graciasって言う。”
”学校では、Thank youって言う。”
と同じ、ありがとうを言うシチュエーションでも、人や場所に分けて3種類覚えるのだそうです。そうやって、一つ一つの言葉を三つの言語で頭にインプットしていくんですね。気の遠くなるようなプロセスですが、子供の成長はそもそもそうやって小さな一歩の積み重ね。不可能ではないのです。

そんな息子ですが、一つだけどうしてもスペイン語だけでいう言葉があります。
それは、水 Agua(アグア)。
喉がよく渇く息子は、いつも誰にでも”Aguaaaaaa!!!”というのですが
これが、どうしても、何度訂正しても、私が無視しても、ジュースを渡したり、バナナを渡したりしても、なにをしても、”Agua!”なのです。
食事中でも
”ママ、オイシソウ。オイシイね。 AGUAAAAAAAA!!”
と、水とは決して言わずに、AGUA。
しばらく無視していたのですが、そんな私に、
”ママ、ア!グ!ア!”
”アッグッアッ”
と、思いっきりカタカナ読みのスペイン語で水を求めてきました。これにはショックを通り越して、みんなで大笑い。どうしても”水”といいたくないのか、Aguaは息子にとってユニバーサルな言葉で、誰に言っても通じると思っているのか、、、、一体、何なんでしょう!?!?いつになったら、水って言ってくれるのかな?

1月からは、ひらがなを始める予定です。
娘の時に使ったフラッシュカードが手元にあるので、それを使う予定です。
その様子は、また、ブログにでもアップしますね。

それにしても息子のおしゃべりは、誰に似たのかしら?
きっと陽気なアンダルシアの血が隠しきれれないんでしょうね。
そういえば、歌も踊りも大好きです。
笑うときの豪快な感じも、誰かにそっくり。
父親は、とっても嬉しそうです(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.13 Fri l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1026-f966c7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)