毎年、6月にスペインを発ち、日本で夏休みを過ごして7月後半にスペインに戻ります。

この1ヶ月で、南スペインはガラッと変わって観光ムード満点です。
 外国人が溢れているし
 どこに行っても込んでいて行列
 車がもの凄い込んでいて、駐車場が見つからない
 そしてどこでも暑い、、、、、
という、コスタデルソル特有の夏風景です。

そんなコスタデルソルの私達の一日をご紹介しますね。
 7時 起床
 9時ごろ 子供達起床
 10時半 近所の図書館へ。 
       娘は、日本語の勉強。息子は私と本を読んだり、公園で遊んだりして1時間過ごします。

写真は、近所の図書館。
娘が通っていた幼稚園の雰囲気に似ています。
2download
こちらは図書館の横にある公園。
公園は、近所にもたくさんあるのですが、日中 木陰で涼しい貴重な公園。
3download


 買い物をしたりしながら、、、1時ごろまでには家に帰って
 2時半 お昼ご飯
 3時半 主人のお昼ご飯
 (公務員の主人は、夏の間は朝8時半~14時半まで働きます。
 半日シフトじゃなくて、これが普通の勤務体系!)
 息子はお昼寝、娘は本を読んだり、映画をみたり、私はPCでお仕事。
 3~6時頃までは、家でのんびり過ごします。

 5時半ごろ おやつを食べて
 6時ごろ 娘は近所の友達とプールにいったり、公園で遊んだり。
       息子は主人と一緒に遊んで。
       私は仕事。
写真は、夕方7時のプール。
一番混む時間帯です~。
download_20140807061745848.jpg


 9時ごろ 息子のご飯&シャワーなど、寝る支度。
 10時ごろ 娘と私達の夕飯

という感じです。

夜型のスペインらしいスケージュールですが、先日、沖縄に移住した友達の妹さんと話していたら
”沖縄でも、子供達が9時ごろまで遊んでいますよ~”
”地元の人は、夕方、海に行きます。日中、海にいくのは観光客だけ。”
なんて事ををいっていて、ここコスタデルソルと全く同じ!とビックリしました。

やはり日中暑い地域は、生活パターンが似てくるんですね。
私達家族、沖縄に移住しても、全く違和感なく馴染めそうです(笑)。

私の仕事が落ち着いているときは、8時過ぎ頃から家族で海を散歩。
のんびり散歩したり、公園に寄ったりしながら、9時過ぎに日が暮れてくると近くのバーでテラス席でタパスをつまみながらひと休憩。子供達の夕飯もタパスで済ませ、10時過ぎに家に帰って、チビのシャワー→ベッド。涼しい時間、歩いていても気持ちいいし、馴染みのバーで一杯するのも楽しいし、何しろ夜ご飯の準備&片付けをしないでいい(怠け者主婦)になれるので~、スペインの夏っていいなぁ~と感じる瞬間です。

本音は、、、学校のない子供達をみながら仕事もして、家事もして、、は、かなりキツイのですが、夏特有の勢いで乗り切ります!8月しかできない、夏休みだから楽しめる、今の瞬間を子供達とたくさんシェアして、素敵な思い出をたくさん作りたいと思います。

FBで、南スペインの毎日の様子、バイヤー活動の様子をアップしています。会員登録されていない方でももちろん閲覧可能です。お時間ございましたら、お気軽にこちらへ遊びに来てくださいね。
関連記事
スポンサーサイト
2014.08.06 Wed l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1159-819d436e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)