さぁ、夏休みも終わって、子ども達が学校に戻りました。
やっと私の夏休み、、、という感じでもありますが、、、、、(苦笑)。
私は、久しぶりにお弁当を作って
子ども達は、久しぶりの制服。
南スペインは、まだまだ日中、かなり暑いので、制服姿はなんだか窮屈な暑苦しいような、、、違和感がありますが、1週間もすれば、子供たちも私も学校のペースに慣れてくると思います。

一年のサイクルでいうと、夏休み後の子ども達の日本語はMAXで、学校が始まると共に、徐々に弱くなっていきます。クリスマスが終わる頃には、日本語が少し弱くなってきたような気がし始めて、、、、春ごろには、スペイン語と英語が強くなってきて、なんとか持ち越して(!)日本の夏休みへ突入という感じです。

今月11歳になる娘は、日本で5年生を体験入学。
毎年、夏休み中にその学年の新出漢字を制覇するのが目標なのですが、今年は断念。、、、というのも、漢字のレベルがかなり上がって、明らかに今まで勉強したはずの漢字がかけなかったり読めなかったり、、、、、。漢字だけの問題ではなく、語彙数が足りない、、、という事もあって、この夏休みは、4年生の漢字の復習をする事にしました。後は、お手紙書き!日本でお世話になった先生や、剣道関係者、お友達、親戚関係、、、手紙を書く練習です。話し言葉では全く苦労しない娘も、手紙となるとまた感覚が違うらしく、ちょっと???な文章を書くこともよくあります。もちろん漢字の使い方もあやふやだったり、、、、。でも、返事を貰うと、とても嬉しいらしく、また一生懸命手紙を書いています。学校が始まると忙しくなるので、夏休みの時期は、手紙でいろいろ良い漢字&社会勉強をしました。

去年から続けている NHK大河ドラマもしっかり見ています。
かなりの歴女になりました!私も歴史が好きな方で、よく本も読みましたが、もうかなり娘には敵わないかも、、、。来年、6年生の歴史の授業が今から楽しみなんだそうです。

日本の小学生とは、漢字の面でかなり遅れをとっていますが、これはやはり学習時間が圧倒的に少ないので、しょうがないと思います。娘のペースに合わせて、なるべく飽きないように、何かにつなげながら(手紙だったり、歴史だったり、日本の文化だったり、、、)漢字勉強を続けていこうと思います。

そして10月に3歳になる息子。
言葉が遅い方でしたが、日本滞在中にだいぶ日本語が出るようになり、私とのおしゃべりも上達しました。娘は、小さい頃からしっかり3ヶ国語を使い分けていて、あまりおしゃべりだった方ではありませんが、今の息子よりもずっとずっとよく(キチンと)はなしていました。息子は、頭の中で言いたいことがた~くさんあるようですが、それが上手に言葉にならなくて
”△/*!!⇔_+))!”
と、日本語でも、スペイン語でも、英語でもない、意味不明の言葉で、だーーーーーーーーっと、はなし続ける事があります。これって、3ヶ国語の中で混乱しているのかな?と、不安になる事もありますが、子どもの可能性と自分(母親として)の信念を信じて、トリリンガル教育、続けてみようと思います。

という事で、学校がはじまり、これからは子ども達の日本語も下降線をたどります、、、、。
それにめげずに、子ども達との日本語生活、楽しみたいと思います。
次回は、子ども達の英語教育、お伝えしますね。
関連記事
スポンサーサイト
2014.09.13 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1182-5a3c0831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)