このブログでも時々、子ども達の日本語学習法や今のレベルなどを書いているのですが、今日は英語について書いてみようと思います。

言葉の習得は120%環境によるものだと思うので、私は、子どもが12歳くらいまでは、学校の授業や宿題が多少おろそかになっても、3ヶ国語習得に力を入れようと思っています。その一環として、11歳の娘と3歳の息子の二人は、現在、イギリス系の学校に通学中。私立だし、私達夫婦には経済的負担もかなりあるので、2~4年くらいの予定で今の学校に転校しています。

娘は、10歳の時に、今のイギリスの学校に転校しました。
スコットランドで産まれて、3歳までの3年間をスコットランドで過ごしたとはいえ、当時、英語のコミュニケーション能力はかなり低かったと思います。でも小さい頃から、家ではテレビは英語か日本語で見させていました。特に、娘が大好きなハリーポッターやロードオブザリング、ナルニア物語は、多分、台詞を覚えてしまうほど何度も何度も繰り返してみていたので、イギリスの学校に転校して、なんとなく覚えている台詞が実際に使えて、とっても嬉しかったそうです。自分が、映画の世界に飛び込んだみたいで。

小さい頃から本が大好きだった娘は、一度、英語を覚えたら、英語の本を夢中で読むようになりました。最初は、ロアルド ダールのお話(チャーリーとチョコレートファクトリーの原作者です)から始まって、ハリーポッターの原作や、その他 図書館で借りてきた本など、、、。好きなことって、言語が変わっても、同じなんですね。

今では、イギリス人の友達もできたので、一緒に遊んだり、Ipadで映画を作ったりして遊ぶ中、もちろん会話は英語で、私(一応、イギリスに8年ほど住んでいましたが、、、)の日本人英語より、ずっとずっと綺麗なイギリス英語を話すようになりました。

子どもの可能性って、ホント無限ですね。

さぁ、かわって3歳の息子。
2歳から、今のイギリスの学校に通い始めています。
1年通って、最後の方に少しづつ英語が口をついて出るようになりました。簡単な言葉
”Come here”
¨All gone!¨
¨Thank you¨
は、よく独り言のようにつぶやいてもいました。
そして、息子 初めての夏休み。5週間日本にいて、その後スペインに戻り、日本語とスペイン語の毎日。8月にイギリス人の友達と公園へ遊びに行った時は、全く英語が出てきませんでした~!!!ゼロです!ゼロ!一緒にいた友達は、一歳年上でもの凄くおしゃべりな男の子だったので、(しかも、よく一緒に遊ぶ仲の良いお友達)、自然と英語がでてくるかと思いきや、ゼロ!笑顔と日本語の”ウン!”で、全ての会話を交わしていました。ビックリです。

という事で、また振り出しに戻っています。
まぁ頭の片隅には、去年一年間過ごした記憶が眠っていると思うので、今年はもう少しスムーズになるかな?と、淡い期待をいただいていますが,,,,、、どうでしょうか?

友達に教えてもらったYoutubeで視聴できるおススメ英語教材です。

英語を習い始めた小さなお子様にピッタリだと思います。
フォニックスでのファベットの読み方、つづりを始める小さい子ども用。イギリス人で2~4才くらいの子ども達が良く見るんだそうです。(番組自体は、アメリカ製だと思います。)飽きさせない画面と登場人物で、3歳の息子も楽しんでみています。バイリンガル教育の興味のある方は、ぜひお家でお取りいれてみてください。

関連記事
スポンサーサイト
2014.09.23 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1183-054d30e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)