クリスマスネタの続きで、、、、、、。
娘が楽しみにしているのは、クリスマスプレゼントだけではありません。

アドベントカレンダー。

アドベントとは、日本語で言うと「待降期」。クリスマスまでの
1ヶ月の事だそうです。クリスマス 25日までを、日めくりのカレンダーみたいに、数字がついた箱をあけて、小さなプレゼントやチョコレートがでてくるカレンダー。
何が出てくるかは、その日の朝にならないとわかりません。

娘が小さいうちは、チョコレートがはいった市販のアドベントカレンダーを購入していました。ある年の12月はじめ、リスボンを旅行した時に、木でできたとっても素敵なアドベントカレンダーを見つけたんです!即、人目惚れ(←母親の私が、、、笑)。ただ価格が、確か160ユーロほどで、かなりお高い!それでも私は欲しかったけれど
"僕が作る。"
と、主人が宣言したので、後ろ髪ひかれる思いでリスボンを後にしました。
できた主人の手作りアドベントカレンダーは、こんな感じです。
(映像、お借りしています。実物は、もっとシンプルで素人っぽいので、、、、笑)。

advent calendarn2

26日間、毎日 プレゼントを入れるって、結構大変です。
なので、夏に日本に帰国する頃から、このアドベントカレンダー用のプレゼントをひそかに集めるんです。本だったり、キュートな文房具だったり、ヘアアクセだったり、、、、、、。日本は、かわいい&小さいもので溢れているので、ここで半分くらいはプレゼントが集まります。残りは、2ユーロ硬貨だったり、チョコだったり。プレゼントが大きすぎて小さな引出し箱に入らないときは、プレゼントの隠し場所をクイズにした紙が入っています。

有名なのは、レゴのアドベントカレンダー。
レゴオタクの娘に、今年は、はじめて購入してみました。
(つまり、今年は、このレゴのアドベントカレンダーと、↑のいつものアドベントカレンダー、、、
 一日二つのミニプレゼントがもらえます☆)
15017208727_ffb762da40.jpg


大好きなザラホームでも、あるんですね。
こちらは、もっと手芸的なアットホームな感じ。
1944018999_1_1_3.jpg

今年は、3歳のチビの分も準備するので、結構大変ですが
12月、寒くてまだ外が薄暗い朝方に、元気に起きてきて、アドベントカレンダーへ走っていく子ども達の姿を想像したら、やる価値、十二分にアリです。

スペインでもクリスマスのデコレーション準備が始まっています。
詳しくは、FBでアップしていますので、こちらをご確認くださいね。
もちろん、会員登録されていない方でも閲覧可能。
お時間ございましたら、お気軽にへ遊びに来てください。


関連記事
スポンサーサイト
2014.11.12 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1224-6ba2362d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)