上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日は、スペインでも皆既日食が見えるって、1週間ワクワクしていたのですが
見事、雨!
ヨーロッパでは有数の晴天がおおい地域といわれるここコスタデルソルで、見事な大雨でした。
ちょうど学校の科学の授業時間に、皆既日食があるって、先生と一緒に、仲間と一緒に始めての皆既日食を楽しみにしていた娘も、とってもがっかりです。次回はいつになるのでしょうか!?!?

今日は、スペインの学校について。
10歳まで、スペインの公立学校に通学していた娘。
その間、色々不思議に思ったことがあったけれど、今日は、そのいくつかをシェアしたいと思います。

不思議なのは、時間割。幼稚園~小学校6年生までは、一律 9-14時まで。中学校が、8時15分~15時まで。これは、お昼ご飯を家で食べる都合がある為だと思いますが、小さな3歳児ともうじき中学生の12歳が、同じ時間数、学校にいるって、本当に不思議ですよね?そもそも体力が違うし、内容だって違うはず。

長女の友達(今は、小学校6年生。この9月から中学生になります)の話を聞いていると、毎日、もの凄い宿題がでるので、帰宅後、お昼ご飯を食べて、夕方は宿題、、、という事が多いんだそうです。塾通いの子ども達もたくさんいます。

、、、と、それは今日の前置きで。
私が一番??なのは、クラス替えがない事!です。
幼稚園に入園してから、小学校卒業まで、ずっとクラス替えがないんです~。担任の先生は、代わりますが、友達は同じ!なんです、9年間も~。そして、驚くべきことに(!)中学でほかの子ども達と混ざって組変えがあるのを恐れて、父兄たちが抗議した結果、なんと、中学4年間もそのまま持ち上がりになることになったそうです。父兄の方は、大喜び~。って、私はなんだか???な気分ですが、、。

友達って、人生を楽しむ為の大切な要素だと思います。
でも、その友達を作ることも、関係を維持することも、新しい友達と知り合うことも、昔からの友達を大切にする事も、みんな経験しながら学んでいく事、、、、、、ですよね。仮に、友達にならなくても、自分とは違う人達と一緒に生活をする、勉強をするというのは、一種の社会勉強ともいえます。その中で、自分の意思を伝えたり、相手の思いを感じてみたり、、、、という、いつかは社会にでて当たり前事が、13年も同じメンバーで勉強することによって、”不寛容”になるという危険性、、、、、もの凄く感じるのですが、私の周りでは、そんな事よりも、子ども達が安心して、ストレスを感じることなく、(途中で転校生がいたとしても、)基本的に3歳から16歳まで、ずっと同じメンバーでいた方が、父兄の希望なんだそうです。

ずっと前にビックリした事実。
私の住むマラガでは、公募する海外留学の奨学金の半分以上が希望者無しとなってしまったんだそうです。
(これは、私がスペインに来た頃、約7,8年前の記事なので、
 現在のスペインの不況も含め、、、、状況は大きく変わっているとは思います。ご了承ください)

海外に行く為に、英語を勉強する為に、仕事してお金を貯めて、、、、と時間をかけた私には、なんとも贅沢で信じられないような事実ですが、その新聞記事を読んで、アンダルシアの国民性を見た気がしました。ここアンダルシアでは、まだまだ家族の絆が強く、家庭中心の生活パターンが根強く残っています。我が家でも、週二日は義家族と食事を一緒にするし、毎週日曜日は、たいてい義理両親宅で過ごします。特に珍しいことはなく、いたって普通の光景。共働き家庭では、毎食(お昼ご飯)おばあちゃんがランチを準備して、みんな(おじいちゃんおばあちゃん、子ども達、孫達の3世代)が揃っていることも珍しくないくらい。

逆に言えば、とっても過保護な子ども達が多いです。
(私の個人的な意見ですが、、、、)
そういう家庭環境に慣れて、お家でしっかり守られて大きくなると、ある程度成長してから、わざわざ海外へ一人でいって勉強する、、、という事が、”あり得ない!”事になってしまうんですね。それはその子どもの親も同じで、危ない海外にわざわざひとりで勉強に行かなくても、、、(ここで英語教室に通わせているから大丈夫!とか、、、笑)、という思考回路になっていくんじゃないでしょうか、、、。

あくまでも私個人の意見ですが、、、、。

家族中心の生活を大切に、そしていろんな人とも知り合いになる、、、というのは、矛盾していてなかなか相容れない考えなんでしょうか?
時々、アンダルシアの小さな町で生活する事に窮屈を感じる瞬間でもあります。

友達の話を聞いていると、マドリッドや北スペインではそのようなことはないようですが
どうでしょうか?同じスペインでも、地域によってかなりその文化が違う気がします。
同じスペインでも、ヨーロッパでも、本当に”ところ変われば”、、、、ですね。
そして、あんなに嫌いだった(!)ここアンダルシアの生活も、(色々な事はありながらも、、、)
結構楽しくなってきた今日この頃。
”住めば都”、、、という格言も、納得しはじめている今日この頃でもあります(笑)。

関連記事
スポンサーサイト
2015.03.21 Sat l スペイン生活 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1315-50b1f105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。