時々、このブログで子供達の成長を記録しているのですが
なぜか、娘の話題が多いですね、、、。

やっぱり上の子は、なんでも初めての事が多く
私も、びっくりする事、学ぶ事、辛い事、、、と
いろいろな感情があるのだと思います。

その点、今月4歳になる下の息子は、
ある意味、手のかからない(夜のオムツが取れなくても、その内取れるでしょ、、、とか 笑)
事が多く、気が付いたら、もう4歳!という、そういう呑気な部分もあります。

なので、今日は、普段は語らない(笑)息子について
書いてみようと思います。

先日、実家の両親と電話で話していたら
”この前ね、テレビでマドリッドに住んでられる日本人の方を見たのよ。
 ⚪︎⚪︎(うちの息子)と同じくらいの男の子がでてきてね、
 、、、、なんていうか、話し方がそっくりなのよ〜。”
って、私の母が言っていました。

普段の生活の中で、息子が日本語を話すのは、母親の私と姉の娘とだけ。
テレビも、どらえもんやアンパンマン、お母さんと一緒などの教育テレビ中心なので
言葉に濁りが少ないんです。

これは、娘も一緒でした。

妙に、大人みたいな言葉で話す、4歳児。

”僕はね、今、お腹が空いているから、何か食べたいなぁって、思っているんだ。”
”今日は、これからママと公園に行きたいんだよ。でもね、おやつを食べてからにしよう。”
”眠くて、眠くて、、、、、もう何もできないから、寝ようっと。”

お話の中の書き言葉のような
大人びた子供のような
でもまだ4歳にもならないあどけない子の、、、、こんな日本語。

きっと、テレビに出ていたマドリッドの男の子とも
うちの息子と似たような環境で育っているんだろうなぁ、、と、想像します。

忙しい毎日の中で、息子と向き合う時間って本当に少ないけれど
とても優しい息子は、義母曰く、みんなに愛されるべく産まれてきた子。
まさにその通り、数回の流産の後に授かった息子は、私たちにとっては
本当にミラクル、神様からの授かりもの。

”大きくなったらお姉ちゃんと一緒に、剣道するの?”
との母親の問いに
”僕ね、ああいう音のうるさいのは好きじゃないんだ。”
と、淡々と答える息子。
”怖いの?”
”うん、音が大きいの、怖いんだ。”

今、学校では、本を読みながら、単語を読む練習をしています。
去年は、アルファベットごとに習っていたのですが
今年からは、単語として読む練習。

最初は、Sを入れて 簡単な単語から
 Sam sit sip sat,,,  
すこしづつローマ字を増やしていきます。

これが、、、、集中力が続かないんですね、まだまだ。
1ページ 1センテンスで
3ページ進むか進まないか、、、の亀の子ペースです。
なので、まだまだ長い読みの道のり、、、、

そういえば、、、、、
息子の学校では、中国語が必須で、1週間に2コマ(計1時間)、中国語のクラスがあります。
どうせ、遊んでばっかりで、中国語なんてわからないよ〜なんて
思っていたら、、、、、。
”◀︎✖︎▪️⚪️?>_!”
なんだか、私の目を見ながら、ニヤニヤして話しかけます。
発音の感じからして、明らかに中国語!
一体、何を習っているんだろう???
指をさしたり、一生懸命、自分の手で形を作りながら
なんだか中国語らしい言葉を言っています、、、笑。

子供の可能性って、本当に無限なんですね。

この中国語って、息子の学校だけではなく、もうひとつマラガの学校で
中国語が必須の学校があります。
最近の、経済的な中国の影響力を背景に
ちょっと中国語ブームなのかな、、、とも思います。

(ちなみに、10歳くらいからは、フランス語が必須で
 中国語は、それ以後は勉強しません)

ということで、日本語、スペイン語、英語、+中国語!の
息子の4ヶ国語生活。
学校の友達も、まさにインターナショナルで、毎日、いろんな言葉がゆきかって
楽しそう。4歳児にとっては、違う言葉を話しても、一緒に笑って、飛び跳ねて
走って、楽しい時間が過ごせれば、それでOK!
朝起きるのが苦手だけど、友達と、家族と、たくさん遊んで、寝て、食べて、本読んで
そうやって幼稚園時代を過ごしたら、どんな子供に成長するのかな?って
とても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.10.04 Sun l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1400-362ce76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)