昔から見るのが好きなブランド MARNI

あ

ちょっと無骨な感じが、アンバランスな感じが、ビジュアル的に好きで
自分では着ることはないけれど、新作やセール!は、チェックしていました。
和を感じる、大胆な大柄プリントも、浴衣にしたら素敵〜なんて
親しみもあります。
1_20151211054149bd0.png
こちらは、2016 ミラノ春夏コレクションのランナウェイより

チエミハラの靴と合わせたら、似合うだろうなぁ〜って
いろいろ妄想して楽しめるのも、好きな理由の一つ。
2_201512110541427e8.png


2013年から始まった、ポーターとのコラボは、ついに第6弾。
ポーターも、自分で持つことはないけれど、企業コンセプトやバッグに対する姿勢が
大好きで、ついつい旦那に購入してしまうブランド。
そんな二つのブランドのコラボは、期待を裏切らない独自の世界観&魅力のあるコレクションです。
3_20151211054653690.jpg
第5弾は、墨絵をイメージしたモチーフだそうです。


イタリア発のマルニ
皆さん、ご存知ですか?

下記、FASHION PRESSより抜粋です。


マルニについて
マルニ(MARNI)はイタリアのラグジュアリーブランド。メンズ・ウィメンズともに展開。

デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)は25歳の時にイタリアの有名な毛皮メーカー「CiwiFurs」の社長、ジャン・カスティリオーニと結婚し、二人の子供を出産。子育てが落ち着くころに夫の会社のファッションコンサルタントとして働くようになる。

コンスエロ・カスティリオーニは1994年「マルニ」と命名したブランドを夫の会社「CiwiFurs」のファミリービジネスの一環として立ち上げる。ミラノを拠点とし当初は毛皮と革製品のみのラインナップであった。99年に「マルニ」は完全に独立したブランドとなり、毛皮や革製品以外にもラインナップを揃えるようになる。2001年メンズラインを発表。

マルニのコレクションは、ボリュームの使い方と構築的なシルエットが高く評価されている。それに加え、シフォンなど柔らかいイメージの素材に、プリント、チェック、ストライプなどさまざまなデザインを取り入れた上品で可愛らしいスタイル。雰囲気としてどこか温かみがあるところが特徴。2000年代に入るころには世界的人気を不動のものとする。

以下省略



ブランド誕生のストーリーが、チエミハラにも似ています。
デザイナーの奥さんと町工場の旦那さん。
意外と良い組み合わせなんですね〜(笑)。

変わりゆくファッション業界で、自分のスタイルを打ち出す、売る、そして続ける、、、という事は、並大抵のパワーではないと思います。ものすごく競争が激しい世界。でも、そんな中で、みんなの心にちょっと引っかかる、気になる、ちょっと素敵♪なマルニは、いつか、何らかの形で紹介できたらなぁ〜と思っていました。

次回は、バッグ3点ご紹介しますね。
ユニセックスのラップトップ&A4書類がしっかり入る、デイリーユースのバッグ。
お楽しみに。

バイマでの出品商品は、こちらをご覧ください。


**************************************

FBで、プライベートの週末の様子などをアップしています。。
会員登録されていない方でももちろん閲覧可能です。
お時間ございましたら、お気軽にこちらへ遊びに来てくださいね。 
お友達申請、フォローなど、お待ちしております。

****************************************

関連記事
スポンサーサイト
2015.12.10 Thu l MARNI マルニ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/1441-deb03591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)