久しぶりに大きな買い物をしました。

車です。

今までは、一台の車を主人と兼用していましたが
子供の送り迎えように車が必要になったのです。

今年は色々出費もあったし、新車も見てみたけれど、保険やら税金やら、、、と考えるとなかなか手が出ず、やはり中古にしました。
ネットで、車の個人売買の情報をチェックして、小さめで、のりやすそうで、あまりお高くなくて、、と、探したり、電話でアポとって見に行ったり、ディーラーへ見に行ったり、試乗したり。結構時間がかかるし、子供と一緒だと、なかなかゆっくりみてもいられないので、結局、主人にお願いすることにしました。

そして、ある日、”いい車が見つかった!”と、喜んでいた主人。
私は、車には全然こだわりがないし、古くても、小さくても(小さいほうが好き!)何色でも構わないから、適当に選んで♪と、主人にお願いをしておいたら、見つけてきた車が、”黄色”で、、、。しかも、その黄色が近所のペットボトルのリサイクル箱にそっくり(笑)。さすがに、、、”この黄色だけはやめて欲しい、、、”と、お願いしてしまいました~。
黄色い車、、、、悪くはないけれど、毎日のる車にはちょっと嫌かな(笑)。
とっても目立つ黄色だったので、、、、、。

10台くらいの車を見て、試乗して、値段交渉して、、、、、なかなか見つからなくて、どうしよう~って言っていたら、ある日、私のマイカーが見つかりました。近くの町に住む、ペルー人家族の車。病院のお医者さんだそうで、5年間スペインで働いていたけれど、この冬にペルーに戻ることにしたので、車を手離すそう。奥様のマイカーだったそうです。

値段交渉、車のチェックなどは、すべて主人にまかせっきりだったのですが、いよいよ車を引取りに行く時、私も一緒に行きました。私たちより10歳くらい若い夫婦で、二人の小さな女の子。奥様は、二人の女の子の保育園や幼稚園の送り迎えに、この車を使っていたそうです。子供が産まれてから、ずっとこの車を使っていたって、病院に行ったり、買い物に行ったり、たくさんの思い出が詰っているんだって、甘い南アメリカ訛りのスペイン語で話してくれました。

どんな車でもいいやって、思っていたけれど、そんなスペシャルな車を譲り受けることができて、なんだかとてもラッキーな気分になりました。運転座席に座ったら、バックミラーの横に、もう一つ小さいバックミラーがつけたままに。奥様は、きっとこの小さなバックミラーで、後部座席に座る子供達を見ながら、いろいろな話をして運転したんだと思います。私のために、そのミラーをつけたままにしてくれたんだなぁ~って、小さな心遣いにも、とても嬉しくなってしまいました。
私も、これから二人の子供を乗せて、たくさんの思い出を作ろうって、思いました。

いよいよ車とはお別れ、、、という時に、3歳の女の子が
”どうして?車、行っちゃうの?”
と、泣きそうな顔になりました。
そこでお母さん(=奥様)が
”この車はね、ステキな家族を見つけたから、その家族のところに行くのよ。
 私達はペルーに戻るから、一人ぼっちじゃ寂しいでしょ。”って、優しく諭していました。

実は、購入させてもらった車は、シトロエンのC3。私達の車は、シトロエンのピカソ。
同メーカーの、いわば兄弟ブランドのような感じ。しかも、偶然にも色が同じメタリックグレー!
だから2台が並んで止まっていると、兄弟みたいに見えるんです。

女の子も半べそになりながら、
”良かったね。おかあさん見つかったんだね。”って、言ってくれました。
私も、貰い涙で、半分涙目になっていました(笑)。
子供の問いかけに、こんな風に優しく、愛情いっぱいの言葉をかけて上げられるお母さん。
いつかこの女の子が大きくなったら、やっぱりこの子も愛情豊かな子になるんじゃないかって。
なんだか私も小さな子供(車)を養子にした気持ちになりました。

今は、その車(モデル名がC3なので、シーちゃんと呼んでいます)
で、毎日、子供達を学校に送り迎えしています。
忙しい毎日の中、朝夕の30分、車の中で日本語で過ごす時間は
とても楽しく、貴重な時間。安全運転で、これから、たくさんの会話と笑顔とを
楽しみたいと思います。

ステキな買い物をさせてもらって、本当にありがとう。
新車では味わえない、みんなの想いの詰ったシーちゃん。
これからもどうぞ宜しくね。
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.25 Wed l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/981-284104df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)