先月10歳になった娘の日本語話しです。
面白がって読んでくれる方がいらっしゃるので、継続して書いてみます。

毎年、夏前に日本に帰国して、地元の公立小学校に体験入学という形で、同級生の子供達と机を並べて授業を受けています。そして、その後、夏休みは私との日本語生活が中心なので、娘の日本語は夏がピーク。そして(毎年この繰り返しなのですが、、、)学校が始まると、急激にスペイン語が強くなってきてしまいます。それでも、今まで、読み書きを含め小学校4年生レベルを維持してこれたのは、コツコツ漢字勉強&読書を続けている娘のがんばりのお陰です。

10歳という年齢は、子供でもなく、ティーンネイジャーでもなく、その中間の微妙な年齢です。
自分自身の興味も好き嫌いもでてきました。
また、年齢が上がる毎に、学校での宿題等も多くなるので、日本語に費やす時間も余りありません。
なので、毎日の生活に無理のない程度に日本語を続けられるように、今年(来年6月に日本に帰国するまでの)のプランを立ててみました。

1、日本で購入した国語プリントを一日一枚、週に2日こなす。
2、週末に母親と一緒に歴史マンガを読む
3、土曜日の夕方に、大河ドラマ”八重の桜”を一話づつ見る。
4、毎朝、朝食時にラジオHNK朝のニュースを聞き流しする。

歴史マンガについては、以前もこのブログで触れた事があるのですが、1年前にブックオフで全22巻購入したものを、少しづつ読み進めています。今日は、ちょうど歴史マンガを一緒に読む日で、室町時代 応仁の乱がおわり、いよいよ戦国時代に突入、、、というところまできました。
このマンガを一緒に読み進めていく中、娘の歴史に対する知識、地理感などが飛躍的にアップしました。聖徳太子と遣隋使。天皇と将軍の関係。これから登場する戦国時代を読むのもとても待ち遠しいそうです。また日本滞在時によくいく鎌倉や、いつかいってみたい京都の事。奥州平泉や大宰府。琵琶湖や瀬戸内海なども日本のどこにあるのか、しっかりと頭の中で地図を描くことができます。

この延長で、八重の桜の会津弁の真似をしたり、当時の歴史的背景に興味を持ったり、、、と、興味の枠がグッと広がったようです。

4のラジオニュースでは、娘の知っている言葉より、知らない言葉の方が多いようですが
”台風○号が、、、、、”
”アメリカのオバマ大統領は、、、、、”
”2020年の東京オリンピックで、、、”
など、知っている言葉ももちろん登場します。
そうすると
”台風がくると、学校はお休みになるの?
”オバマさんがどうしたの?”
”オリンピックって”
と、普段は話題になりにくいトピックの会話が始まります。10歳の娘には、これがとっても大切だと思うのです。もちろん、私が説明をする中でもわからない言葉がたくさんあったり、理解ができなかったりすることもあるのですが、そうやって鍛えていかないと日本語が伸びない年齢になってきたと思います。娘は、毎日、ニュースばかりで飽きちゃう、、、と、ぼやいていますが(笑)。

ということで、また夏に日本に帰国するまで、なんとか日本に対する興味を広げて、そして日本語力をキープしていきたいと思います。長い道のりなので、あまり焦らず、がんばりすぎず、、、、。マイペースに楽しみながら続けていければ♪皆さんの周りに、家の娘と同じような環境のお子様がいらっしゃる場合は、ぜひぜひアドバイスいただけると嬉しいです!私が今実践している4つの事のほかにも、日本のポップミュージックを取り入れたいのですが、全くその方面に無知な為、どんな歌が流行っているのか、よいのか????です。10歳の女の子がすきそうなジャパニーズポップ、教えて下さい♪

FBで、南スペインの毎日の様子、バイヤー活動の様子をアップしています。会員登録されていない方でももちろん閲覧可能です。お時間ございましたら、お気軽にこちらへ遊びに来てください。
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.15 Tue l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://blancablanca.blog106.fc2.com/tb.php/990-64d5138f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)